ゴルフをする少女

ブックメーカーの基本・ブログで解説

スポーツブックメーカーガイドでは、ブックメーカーについての安全性や登録する上でオススメのサイト比較など、これからブックメーカーを始めるビギナー向けの情報についてご紹介します!

ブックメーカー(スポーツブック)とは?

ブックメーカーやスポーツブックなど、言葉だけは聞くものの内容について分からない方向けに、簡単に解説いたします。

わりとニュースなどでも出てくるブックメーカーやスポーツに限らず、政治関連の動向などビッグイベントに対するギャンブルの総称で、ブックメーカーといいます。詳しくはブックメーカーの始め方でもご説明しています!

ブックメーカーの発祥はイギリス

ブックメーカ(Book Maker)の『Book』には『予約する』や『記入する』という意味がある通り、参加者を募集して賭けを主催する会社(サイト)を意味します。

ブックメーカーの発祥はイギリスで、海外ではブックメーカーの認知度が高く、運営している会社が多いです。ですので、こちらのサイト・スポーツブックメーカーガイドでは基本的に、海外で運営しているブックメーカーサイトをご紹介しています。

海外で運営しているといっても、英語オンリーで登録が大変だとか日本からの参加は違法になるのではといった不安はございません。詳しくは以下でも解説しますが、ブックメーカーの安全性は保証されています。

ブックメーカーではスポーツに限らず幅広いジャンルで賭けられます!

ブックメーカではよく、テニスの四大大会(ウィンブルドンなど)やワールドカップなどで、各国・各選手のオッズ(倍率)が公表されるため、スポーツのギャンブルというイメージがあるかもしれませんね。

ただ、スポーツの試合結果に限らず、政治の動きなどもブックメーカでは賭けることが可能です。例えばアメリカの次期大統領選や、ヘンリー王子の第1子の名前予想についても、ブックメーカーの対象になります。

参考:ロイター通信 ヘンリー王子夫妻第1子、名前予想は「ダイアナ」「アーサー」が人気

スポーツジャンルのブックメーカーを『スポーツブック』と呼びます

特にスポーツの試合結果を予想するブックメーカーでは、スポーツブックと呼ばれることが多いです。ブックメーカーもスポーツブックも基本的なギャンブルの内容は同じなため、当サイトでは総称して『スポーツブックメーカー』と言う場合もあります。

※ほかにも、ブックメーカーのことを略して、bookie(ブッキー)と呼びます。

これからブックメーカーを始める方は、好きなスポーツの試合予想から入ってみるのもいいですね。試合をテレビやネットから観戦しつつ、お気に入りのチームや強いチームをスポーツブックで予想するとより楽しめるでしょう!

★スポーツブックでは例えば、サッカーの試合に対するベットで安定して勝つことができます。詳しくは『ブックメーカーのサッカーでベットするおすすめ方法』のページでご紹介しています。

また、2019年3月に行われた日本代表サッカーの試合(キリンチャレンジカップ)でも、大手ブックメーカーよりオッズが公表されています。

参考:exciteニュース 日本vsコロンビア!注目の一線をオッズで見る

最近では2019年9~10月で開催された、ラグビーワールドカップ2019もブックメーカーで盛り上がりました。大規模な大会をきっかけに、ブックメーカーを始めたという人もいますね。

ブックメーカーの評判・世間からのイメージ

ブックメーカーについて調べていたり、これからブックメーカーを始めようと思っていても、

『本当に安全なギャンブルなのだろうか…?』

『変なブックメーカーサイトに登録することで、個人情報など抜き取られるのでは…?』

といった不安も感じますよね。

ブックメーカーに対する否定的な意見・評判まとめ

実際、ブックメーカーをやったことがない方からの評判やイメージについてアンケートサイトより集計調査したところ、以下のような否定的な意見が多かったですね。

※調査方法:インターネットリサーチ(取材協力:ミルトーク


賭博というイメージで、自分とは縁遠い事(40代女性)

ギャンブル、賭け事、怖い、というイメージです。(40代女性)

競馬とか競輪と同じように、「国が認めた公営の賭け事」、みたいなイメージ。スポーツだけではなく、次の大統領は誰か、とか、プリンスの名前は何か、とか何でも賭けの対象にしがち。(30代男性)

賭け事というイメージで、あまり感心しません。(50代男性)


怖いギャンブルという印象が強く、賭け事に対して抵抗のある方はやはりブックメーカーに対して懐疑的になるでしょう。

ブックメーカーに対する肯定的な意見まとめ

ただ、ブックメーカーは悪い印象だけでなく、試しにやってみたいと感じる方もアンケート結果より一定数いました。


競馬、競輪がOKなのであればブックメーカーも良い様に思う。見ていても楽しいし。(60代男性)

面白そう。娯楽。(40代女性)

外国の何でも賭けの対象にする大人の娯楽のイメージ(40代女性)

各社差別化が難しそう(30代男性)


純粋にスポーツ観戦を楽しめるという点で、ブックメーカーをする価値は充分にあります。中には、ブックメーカー運営側の心配(差別化の難しさ)について触れていただいている方もいましたね。

このように、ブックメーカーでは面白さもある反面、ギャンブルとしての不安や疑問も抱えています。ですので、まずはブックメーカーが法律的に問題ない理由や、他のギャンブルと加えてメリットがある理由について、以下で見ていきましょう!

ブックメーカーが安全な理由は?

ブックメーカーの合法と違法の付箋

ブックメーカーに対して怪しいと思う方もいると思いますが、無理もないでしょう。海外のサイトで安全性&違法性について気になるところですが、

  • 海外の会社でも政府よりライセンスを取得しているため、法律遵守されている
  • 運営元が海外であれば、日本の法律でも罰則の規則はない

といった感じで、日本の法律上ではブックメーカーについて合法としている訳ではありませんが、海外運営のブックメーカーをやることでの違法性も明記されていないため、グレーゾーンという位置付けです。

関連記事:ブックメーカーで逮捕者が出ていない理由

ただ、現状でブックメーカーによる逮捕者は1人も出ておらず、海外政府公認のブックメーカーであればまず、問題なく参加することができます

例として、2018年にはアメリカ全部の州でスポーツ賭博(スポーツブック)の解禁が米最高裁で認められました。

バスケットやベースボールなど、スポーツ人気の高いアメリカでは今後、年間1,500億ドル規模もの市場が推定されており、海外ではさらにブックメーカーの勢いが増すでしょう。

参考:日本経済新聞 米最高裁、全米で「スポーツ賭博」の解禁認める

他のギャンブルとブックメーカーを比較しました

パチンコや麻雀など他のギャンブルと比較して、ブックメーカーでおすすめするポイントについてまとめました。簡単に言うと、還元率が高く不正の可能性が低い点がブックメーカーのメリットになります。

ブックメーカーのメリット|還元率が高い・スポーツの無料視聴

他のギャンブルと異なる特徴としまして、ブックメーカーでは最初からオッズが確定しているため、計画的に賭けやすい利点があります。ブックメーカーのオッズに関しまして、別ページで解説しています

例えば、サッカーの試合でのスポーツブックでは…

  • ホームの勝ち(アウェーの負け):2.5倍
  • 引き分け:3倍
  • ホームの負け(アウェーの勝ち):3.5倍

と、ホームチームの方が強く勝つ可能性が高い場合、以下のようなオッズになるでしょう。ですので、各チーム(選手)の力量差や相性など様々な要素を分析して、戦略的に投資することができるでしょう。

★ブックメーカーによってはオッズブーストなど、通常よりも高倍率でベットできる特典もあるので、有利に賭けることもできますね!

そして、ブックメーカーではこの投資対効果が比較的優秀で、還元率は90%以上だとされています。宝くじは50%程度、競馬は75%、パチンコでも80%程度の還元率になるため、儲かる可能性が高いと言えるでしょう。

※詳しくはブックメーカーでする競馬の記事でもご紹介していますが、通常の競馬よりブックメーカー上でベットできる競馬のオッズの方が高い場合もあるため、収益性の高さでもブックメーカーは活用できるといえますね。

さらに、ブックメーカーのプレイヤー登録をすることで、海外の試合を無料で視聴できるメリットもあります。スポーツが好きな方は、観戦メインでもブックメーカーを楽しめます。

おすすめ記事:ブックメーカーのライブストリーミングを無料で!?

パチンコや麻雀と比べて始めやすいギャンブル

ギャンブルや賭け事という言葉から、騒がしいパチンコ店や殺伐とした雰囲気である雀荘などをイメージする方もいるのではないかと思います。確かにパチンコや麻雀は、ギャンブルへの抵抗がある人にとってはあまり良い印象ではないでしょう

ただ、時代の流れと共に各ギャンブルの形態やイメージは少しずつ変わってきます。例えば麻雀では2018年よりMリーグが発足され、ネット番組のAbemaTVを通じて麻雀プロの認知度や麻雀自体の普及が高まりました。

Mリーグにより麻雀人口は増えていることが予想されますが、それでも雀荘という閉鎖的な場所に行きたいと思う人はさほど多くありません。ノーレートフリーの健全な雀荘もあるものの、賭け麻雀をしているフリー雀荘も多いため敷居が高いでしょう。

対してブックメーカーは、今の流行に沿ったギャンブルだといえます。ネット環境さえあればすぐに参加できて、健全なスポーツの勝敗予想だけでお金を投資できますので、初心者の方でも始めやすいですね。

関連ページとしまして、ブックメーカーを効率の良い投資にするポイントや、ブックメーカーでアービトラージは有効か?のページも参考になります!

オンラインカジノへの抵抗がある方にもおすすめ!

ブックメーカーと似たような位置付けで、オンラインカジノも最近では日本人プレイヤー人口が増加しています。

オンラインカジノは名称の通り、ネット上からルーレットやスロットなどのカジノをリアルマネーでプレイできるサイトですが、よりギャンブル性の高いカジノに抵抗を感じる方もいるでしょう。

それと、オンラインカジノでは黒い噂が多く、運営元での不正労働外国人の所在が問題になっています。グレーな会社が運営しているケースもあり、急に出金ができなくなるトラブルも考えられるので、安全なオンラインカジノサイトを選ぶことも重要です

参考:アジア経済ニュース 外国人の就労ビザ、入国前の取得義務化へ

>スポーツブックメーカーガイド

スポーツブックメーカーガイド