ブックメーカーでアービトラージを運用するイメージ

ブックメーカーでアービトラージは有効?|メリットとデメリットを解説!

アービトラージとは、裁定取引とも呼ばれるものであり、株式や証券など金融商品における一時的な価格差を利用して、利益を得る取引方法です。アービトラージは、オッズが変動するブックメーカーでも応用できます。

ブックメーカーの投資方法としてアービトラージが有効だとか、アービトラージを極めるための教材などネット上で紹介されていますが、100%利益を得るのは難しいですね。ローリスクで配当を得る方法としては優秀ですが、アービトラージのデメリットも把握しておくといいでしょう。

ブックメーカーの取引方法・アービトラージとは?

まずはアービトラージの定義や、ブックメーカーでの具体的な取引方法について解説します。ビットコインやFXなどの金融商品も運用している方は、アービトラージについて聞いたことがあるかもしれませんね。

アービトラージ(裁定取引)の定義

アービトラージは、サヤ抜きを狙う投資方法として使われており、同じ金融商品でも生じる価格差によって利益を確定できる投資のことをいいます。

取引用語で、さや取り。最近では、株式、証券、相場商品の現物と先物の価格差を利用して利益を得る裁定取引をさすのが一般化している。

引用元:コトバンク アービトラージ(arbitrage)

ビットコインを例に考えてみますと、同じものでも取引所によって買値と売値が違うため、安く買って高く売ることができれば利益が確定します。

この価格差が、スポーツブックでは各ブックメーカーサイトのオッズ差に当てはまるので、以下の通りアービトラージが応用できます。

ブックメーカーにおけるアービトラージの例

例えば、サッカーの海外リーグでアービトラージが適用できるケースを挙げてみます。

チームA勝利のオッズチームB勝利のオッズ
ブックメーカーX1.3倍4倍
ブックメーカーY1.45倍3.1倍

2つのブックメーカーで上記表の通り、チームAとチームBそれぞれで勝利すると賭けた場合のオッズが異なる場合、資金をうまく分配することで元手より確実に増やすことができます。

資金配分当たった際の配当利益
ブックメーカーX3,000円3,000×4=12,000円2,000円
ブックメーカーY7,000円7,000×1.45=10,150円150円

ブックメーカーXでチームBの勝利、ブックメーカーYでチームAの勝利でベットすれば、どちらが勝っても利益が出ます。アービトラージの仕組みをわかりやすく説明するために、今回は引き分けの条件を除外していますが、各ブックメーカーのオッズ差を利用すれば、利益が保証されるということですね。

ブックメーカーごとでオッズが変動する理由

同じ試合でもブックメーカーごとによってオッズが変わる理由としては、それぞれのブックメーカーによって予想や見解が異なるほか、特別なプロモーションを実施していることも考えられます。

そのため、ブックメーカーを投資目的として利用したいプレイヤーは、複数のブックメーカーを比較して利用するとより有利にベットすることができるでしょう。

アービトラージのメリット|ローリスクのベットが可能

アービトラージのメリットでは、適応できるブックメーカーのオッズが見つかれば、確実に利益を得られる点があります。

ブックメーカーの性質上、どちらが勝っても損をしない組み合わせが発生する可能性があるため、数値上ではまず負けない仕組みがアートビラージの強みだと言えるでしょう。

それと、アービトラージはリスク対策としても効果的です。ブックメーカーの投資法では、オッズ1.1倍の試合にずっと賭けておけば資金を倍にできるといったものもありますが、負けた時には資金がゼロになる大きなリスクも考えておく必要がありますね。

そこで、高いオッズの配当などスポーツブックにおける番狂わせも、アービトラージであれば最低限の利益は保証されるので安心です。大きく稼ぐことは難しいですが、コツコツ利益を積み重ねることはできます。

関連記事

ブックメーカーを始める上で、稼げるか稼げないかといったことを基準に判断する方もいるでしょう。もちろん、ブックメーカーはスポーツと一緒に楽しめる良さもありますが、投資として利用したいプレイヤーも多くいます。ブックメーカーは稼げないので[…]

ブックメーカーで稼ぐ投資イメージ

アービトラージのデメリット|運用の難しさ

アービトラージのデメリットで悩む女性

しかし、ブックメーカーでアービトラージを行う際には、デメリットや欠点があるので要注意です。理論上は安定した利益を得られますが、その分労力がかかるでしょう。

アービトラージが適用されるオッズの特定

アービトラージをブックメーカーで適用するには、特定の条件となるオッズを探す必要がありますが、ブックメーカーのオッズは不定期に変動するため簡単ではありません

秒単位で変動するオッズを比較するだけでなく、手数料や各ブックメーカーで分配するベット額なども判断しなければならないため、理想的なオッズを見逃してしまったり、利益の出ない条件で間違えてベットしてしまう恐れもあるでしょう。

アービトラージで稼ぐにはそれなりの資金が必要

価格差(オッズ差)を利用して利益を得るアービトラージでは、利益率が低めになります。そのため、10,000円程度の資金では実質少額の配当となってしまうため、かえって非効率になるケースもあるでしょう。

元々アービトラージは、多額の資金を抱えた資産家にとって有効な手段だとされていますので、副業レベルの収益を得るにはまとまったお金が必要ですね。

各ブックメーカーの賭け金上限規制もネック&対策方法は?

それと、アービトラージでの荒稼ぎをブックメーカー側で規制しているデメリットもあり、アービトラージの疑いがあるプレイヤーに対して、急に賭け金上限額を設ける対策もあります。

マックスのベット額が低くなれば、アービトラージが封じられてしまうため、以下の対策を心掛けるのがいいでしょう。

  • アービトラージを歓迎しているブックメーカーを利用
  • アービトラージが発生している試合にばかりベットしない
  • アービトラージを利用せずにベット

アービトラージばかり運用するとブックメーカー側から疑いをかけられてしまうため、適度に自然なベットも混ぜるといいでしょう。

それと、賭け金上限額が厳しくなくアービトラージを歓迎しているブックメーカーでは、ピナクルスポーツがおすすめです。ピナクルスポーツではアービトラージを試せるので、実際に利益を得られるかどうかチャレンジしてみるのもいいですね!

アービトラージ以外でもブックメーカーの投資で重要なことは?

アービトラージ(裁定取引)の方法について解説しましたが、ブックメーカーで資産を増やしていく上では他にも重要なことがあります。

ブックメーカーでは新規登録プレイヤー向けのボーナスも重要で、特に当サイト限定・10ドルの入金ボーナスがある10Bet Japanがおすすめですね!

アービトラージとあわせて、それぞれのブックメーカーのボーナスについてもぜひチェックしてみてください〜

▼当サイト限定・10ドルの入金不要ボーナス!

ブックメーカーでアービトラージを運用するイメージ
最新情報をチェックしよう!
>スポーツブックメーカーガイド

スポーツブックメーカーガイド

おすすめブックメーカーサイトの比較まとめ!