ブックメーカーの始め方_TOP画像(チャート図)

【初心者必見】ブックメーカーの始め方|入出金の仕組み・登録方法まとめ

ブックメーカーの始め方について確認する上で重要なのは、ブックメーカーサイトへのプレイヤー登録方法のほか、入出金方法もあるでしょう。日本でできるブックメーカーサイトは海外運営であるため、賭け金を入れるためのペイメントも用意する必要があります。

そこで、こちらのページではブックメーカーをこれから始める方向けで、アカウント登録方法や入金の用意など、一通りまとめました。実際にブックメーカーのアカウント登録から入金までやってみましたので、ぜひご参考ください!

ブックメーカーの始め方・手順

ブックメーカーを始め方として、基本的な手順をまず確認しておきましょう。

  1. ブックメーカーのサイトよりアカウント(プレイヤー)登録
  2. ペイメント(決済手段)のアカウント登録
  3. ブックメーカーへ入金

ブックメーカーを始める上でよく挫折するのが、決済手段のところです。入金ではクレジットカードなど簡単な方法もありますが、出金では専用のペイメントを用意するケースが多く、諦める方もいます。

ただ、実際はそこまで面倒な登録方法でもなく、一度ペイメントの口座を開設しておけば、複数のブックメーカーを利用しやすくなので、慣れてしまいましょう。

ブックメーカーのアカウント登録方法

まずはブックメーカーのアカウント登録から始めますが、これから始める方はどのブックメーカーサイトに登録するべきか悩むでしょう。

当サイトでも複数のブックメーカーをご紹介していますが、日本人ユーザー向けのオッズが多く、当サイト限定の入金不要ボーナスもご活用いただけます10Bet Japanが特におすすめですね。

▼当サイト限定・入金不要ボーナス10ドルもらえる!▼
😆10Betでブックメーカーを始めよう!😆

他にも、日本語対応やサイト上の使いやすさなどで、ピナクルスポーツ始めやすくおすすめです。

ブックメーカーの登録手順(ピナクルスポーツの場合)

ピナクルスポーツ_TOP画面からアカウント作成

ブックメーカーでの登録ではどのサイトでも、アカウント登録から始めます。サイトによっては日本語対応しておらず手続きがしづらいケースもありますが、ピナクルスポーツでは日本語対応しているため分かりやすいです。

ピナクルスポーツ_ブックメーカーのアカウント開設

ブックメーカーのアカウント登録では、名前やメールアドレス、住所などの個人情報を入力します。登録後に本人確認書類を送る必要があるため、正しい情報を入れるようにしましょう。

ピナクルスポーツ_アカウント開設完了

登録したメールアドレスより認証するケースも多いため、アドレスのスペルミスには注意しましょう。また、GmailやYahooメールなどを利用されている方は、メールが届かない場合には迷惑フォルダに入っていないかどうかチェックするのがいいですね。

ピナクルスポーツでの登録はわりと簡単で、登録手続きからID発行(ログイン)まで3~5分あれば済みます。

各ブックメーカーのペイメント(決済手段)を確認!

アカウント登録後、ブックメーカーを始めるために入金する必要がありますが、それぞれのブックメーカーサイトで利用できるペイメントは異なります。

ピナクルスポーツ_ペイメント一覧

例えばピナクルスポーツの場合、入金(Deposit)と出金(Withdraw)は上記画像の通りです。入金ではVISAやMastercardなどのクレジットカードが利用できるので、手続きは楽です。

ただ、出金ではビットコインやエコペイズなど各ペイメントのいずれかが必要になってきます。

10Betの入金(STICPAY)

また、上記の入金画面は10Bet Japanのものですが、こちらではSTICPAYやヴィーナスポイントなどより多くのペイメントが使えますね。

詳しくは10Bet Japanの解説ページでもご紹介していますが、クレジットカードとあわせてSTICPAYなどのペイメント一つを準備しておけば、入出金で困ることはないでしょう!

ペイメント(決済方法)の登録|ブックメーカーでのおすすめは?

ブックメーカーを始める上で、ペイメント(決済方法)も重要なポイントです。ブックメーカのアカウントへクレジットカードなどで直接入金することも可能ですが、出金に必要なペイメントアカウントが必要ですね。

使用停止になっているペイメントもあるため注意!

ペイメントはいくつかありますが、サービス自体が終了することもあるため、いくつかの決済手段を用意しておくといいでしょう。

例えばエコペイズは、中間決済口座として広く普及していましたが、2018年5月よりATMからの出金機能やクレジットカードでの入金機能など停止されてしまったため、前と比べると利用価値が低くなってしまいました。

対して2019年7月現在では、STICPAY(スティックペイ)のほか、ビットコインなども利用できるブックメーカーが多くなっています。ビットコインは運用リスクもあるため好みを選びますが、STICPAYの口座は用意しておくといいですね。

関連記事

STICPAY(スティックペイ)は、オンライン上での電子決済サービスであり、海外運営のブックメーカーサイトへの入出金サービスとしてご利用いただけます。ブックメーカーではこれまでエコペイズがペイメント手段として主流でしたが、エコペイズ[…]

STICPAYのTOP画面

入金はクレジットカード・出金はSTICPAYやエコペイズでOK!

これからブックメーカーを始める方は、入金用でクレジットカードを、出金用でSTICPAYとエコペイズのペイメントを用意しておけば、大半のブックメーカーサイトで入出金が可能になります。

エコペイズは昔と比べて機能面で評価が落ちたといっても、国内銀行口座からの入出金ができるほか、ほとんどのブックメーカーサイトで利用できるのでまだまだ便利です。

STICPAYでは10Bet Japanスポーツベットアイオーなど、利用できるブックメーカーサイトは少ないですが、ATM出金ができるSTICPAYカードの利用価値が高いので、今後も導入するブックメーカーが増えてくると思われますね。

▼どれもSTICPAYかエコペイズで入出金できる!▼
😊おすすめブックメーカーランキング😊

ブックメーカーの入金|最小(最大)入金限度額もチェック

ペイメントのアカウント準備ができて、入出金ができる状態になったらブックメーカーへ入金して始めましょう。以下では例として、ピナクルスポーツのキャッシャーから入金手順を確認します。

ブックメーカーの入金(ピナクルスポーツ)

ピナクルスポーツではTOPページから『キャッシャー』を選択して、クレジットカードでの入金をする場合は左上のアイコン(VISA・Mastercard)をクリックします。

ブックメーカーへクレジットカードでの入金

クレジットカード情報などを入力した上で、入金額をしています。ピナクルスポーツでは、クレジットカードの入出金限度額は以下の通りです。

  • 入金限度額:20ユーロ
  • 出金限度額:5,000ユーロ

ブックメーカーからWebMoneyでの入金(ピナクルスポーツ)

WebMoney(ウェブマネー)を選択する場合は、キャッシャーにある左下のアイコンから入ります。

WebMoneyでの入金画面

WebMoneyも入金手続きは簡単で、WebMoneyIDと入金額を入れるだけです。ピナクルスポーツでの入出金限度額は以下の通りです。

  • 入金限度額:10ドル
  • 出金限度額:2,500ドル

ピナクルスポーツ以外のブックメーカーでも最低入金額が定められていますが、10ドル(1,000円程度)からの入金もできるため、少額でも楽しめるメリットがありますね!

それと、ブックメーカーでは入金時では利用できるボーナスが多いので、ボーナスのお得さでブックメーカーサイトを選ぶのもいいでしょう。

詳しくはボーナスがお得なブックメーカーランキングでも取り上げていますが、10Betでは入金ボーナスのほか、当サイト限定の入金不要ボーナスも使いやすいですね!

▼当サイト限定・入金不要ボーナス10ドルもらえる!▼
😍10Betでブックメーカーを始めよう!😍

ブックメーカーの始め方_TOP画像(チャート図)
最新情報をチェックしよう!
>スポーツブックメーカーガイド

スポーツブックメーカーガイド

おすすめブックメーカーサイトの比較まとめ!