勝てない麻雀

麻雀で勝てない時に考えるべき5つの考察・対策って?【麻雀で負け続けている人向け】

麻雀で勝てない人は、『自分は運がない』とか『麻雀自体運ゲー』だからと言って、勝てない本当の原因や理由を見落としがちです

大学生の頃から麻雀をはじめ、今でもノーレートフリーでたまに打っている私も、勝てない時期が続いた時は運だけを理由にふてくされることもありました。

ですが、麻雀というのは運だけでなく、打ち方や実力によって勝敗が左右されるのも事実です。麻雀で勝てない理由について、麻雀のプロリーグ(Mリーグ)に所属する選手も参考にご紹介していきたいと思います。

※こちらのサイトは、ブックメーカーに関する情報を中心に掲載していますが、ギャンブル関連で麻雀・Mリーグの記事も公開しております😌

麻雀で勝てないのは運がないから?

個人的には麻雀における成績は、運が6割・実力が4割だと思っています。中には運が8~9割以上の運ゲーだと提唱する人もいるでしょう。

麻雀は配牌で勝敗が大きく左右されますので、確かに運が良ければ手なりで進めて勝つことだって簡単です。ただ、運が悪いことだけを理由に、オカルト的な対策をするのはよくないですね。

  • 麻雀を打つ前に神社へ行ってお参りする
  • 風水のことを意識する
  • 自分は中級者以上だと自覚しており、ある程度の実力があると思っている

特に、最後の項目は要注意でして、ある程度麻雀の戦略を理解している『つもりでいる』自称中級者の方は、突然勝てなくなる時が来ますね。

具体的には牌効率のほか、実践での押し引きなど様々なポイントや技術によって、麻雀で勝つ確率が変わってきます。以下では実践的な対策と勝てない理由について、一つずつご紹介していきます。

麻雀で勝てない理由1|牌効率が不十分

麻雀で勝てない原因の一つに、牌効率を完全に把握できていないことが挙げられます。牌効率はテンパイに向かうまでの有効牌を最大限に増やすために必要ですが、テンパイ逃しが多くなると勝率が下がりますよね。

たとえば、以下の手牌の時で考えてみましょう。ちなみに、麻雀牌の画像(牌画)は麻雀王国よりお借りしています。

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国一索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国 ツモ西:麻雀王国

西:麻雀王国を安牌残しとして取っておき、一索:麻雀王国を切ったとしましょう。確かに両面2つの一向聴も充分な形ですが、一索:麻雀王国を残しておけば四索:麻雀王国七索:麻雀王国以外にも、二索:麻雀王国引きでテンパイを取れますよね。

これが勝負手だった場合、二索:麻雀王国をツモってしまいでなくなく五索:麻雀王国を切ってフリテンの三面張にしたものの、相手(他家)から四筒:麻雀王国を先に切られて、アガリ逃しもあった…と後悔するケースも有りえます。

上記の両面&嵌張の牌形は意外と見逃しやすいですが、このほかにも牌効率の最大化に気づきにくいものもありますので、まずは基礎的な牌効率を見直すといいでしょう。

麻雀で勝てない理由2|門前と鳴きのバランスが悪い

技術面で大きく差が出るのが、門前と鳴きの判断です。Mリーグを観ていると、プロが鳴きを入れるタイミングにおいて勉強になることが多いですね。

遠い鳴きは東風戦・アガりトップでない限り極力避ける

たとえば、以下のような手牌状況(ドラ無し)で上家から三萬:麻雀王国が切られたとしましょう。

チー:麻雀王国三萬:麻雀王国 二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国三索:麻雀王国五索:麻雀王国七索:麻雀王国白:麻雀王国西:麻雀王国

嵌張をチーしてタンヤオ、または遠い三色を目指すプレイヤーもいるかもしれませんが、オーラスのアガリトップという条件以外ではあまり望ましくありませんね。

『鳴いて自分がアガることで、他家のアガりを潰す』という点で最速和了を目指すのはメリットもありますが、

  • 鳴くと打点が下がる
  • 自分の手牌が短くなる(少なくなる)と他家からリーチが来た時に安牌に困る

などのデメリットもあり、自分を苦しめる鳴きになる可能性も高いため、安易な遠い仕掛けは多用しない方が良さそうですね。特にドラもない1,000点の低打点で無理する必要はそこまでないでしょう。

門前にこだわるのも麻雀に勝てない・弱い原因に

自分はどちらかと言えば門前派なのですが、鳴きをせずに門前で我慢するのも勝てない原因になります。

五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国 ドラ四筒:麻雀王国

例として、上記の手牌だった場合には鳴いてテンパイが入る四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七索:麻雀王国はチーしておく判断の方が良いですね。鳴いてもタンヤオドラ3の満貫になる手で、門前にこだわる理由がそこまでありません。

また、鳴いても変わらず一向聴ですが六筒:麻雀王国三索:麻雀王国もチーすることで、両面2つの好形一向聴になりますので、これを鳴くという人もわりといるのではないでしょうか。

親の先制リーチは驚異です|無駄なダマテンをしてませんか?

また、中級者レベルの方によくあるのがダマテンの多用ですね。よく、昔ながらの雀荘にいるおじいちゃんは全然リーチせずダマっているイメージがありますが、けっこう損をしていると思います。

先制リーチの強さを知らない人にありがちな罠で、先制リーチでは他家の手牌進行をおさえつけることができるメリットがあり、リーチ者が親ならなおさら強いです。愚形だろうが、リーチを先に打っておいた方が有効な場面も多いので、リーチ判断も重要なところですね。

麻雀で勝てない理由3|他家の捨て牌読み・手牌進行読みが甘い

麻雀は4人でやる(3人でもできますが)ゲームということはご存知かと思いますが、自分の手牌だけでなく他家の手牌進行や捨て牌からの状況推測も勝つ上では重要ですね。

麻雀で勝てない人にありがちや負け方って?

捨て牌読みが甘いと、点棒を稼いでトップ目に立っていたとしても逆転負けのリスクが高くなります。

  • 自分もアガりに向かおうとしたら、親のダマ満貫で放銃してしまった…
  • 下家に鳴かれまくって、一色手をアガられた
  • オリるべき局面になって安牌が足りず、放銃してしまった…

などなど、相手が一向聴なのかテンパイしているのか…またはどのような役でアガろうとしているのか、状況読みができないとトップを守りきれないことが多くなるでしょう。

安牌の抱え方・字牌の処理の仕方で上手い人・下手な人で差が出る!

そのため、麻雀は攻撃だけでなく守備面も重要でして

  • どのタイミングまで安牌を持っておくべきか?
  • 自分のアガる確率が低い場合、すぐにオリるべきか?
  • 役牌を絞りに行って他家の手牌進行を妨害すべきか?

といった様々な選択肢を常に考えるのが、麻雀が上達するコツであり、安易な放銃を避けられる方法であります。Mリーグのプロ選手は特に、字牌・安牌の抱え方が上手な人が多く、以下で放銃回避した一例をご紹介したいと思います。

他家の手牌進行読み・放銃回避が上手い例|Mリーグ・滝沢和典選手より

以前、Mリーガー・岡田紗佳選手の特集記事でもご紹介しましたが、滝沢和典選手は麻雀プロの中でも特に技術的な点で評価される方でして、2019年11月18日のMリーグ・第2試合で状況判断が光る場面がありました。

滝沢選手の手牌1

対局写真はAbemaTVより引用しておりますが、南四局一本場でトップ目の萩原選手とは満貫直撃・跳満ツモでまくれる点差です。そこで、1面子あり・ドラ赤の五索赤:麻雀王国ありと、滝沢選手の手牌は跳満まで見えています。

トップも積極的に取りたいところですが、3着目の村上選手とは200点差であるため、親ではない前原選手と萩原選手に放銃してしまうと、着落ちでゲーム終了となるリスクもある状況です

前原選手の手牌1

そこで、白:麻雀王国を鳴いた前原選手が早い順目で六筒:麻雀王国待ちのテンパイを入れました。3着目との点差がかなり離れているため、これ以上の失点を防ぐための早アガりを狙っていますね。

さらに、二萬:麻雀王国をポンして二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国待ちの好形に変化しました。

対して、滝沢選手の手牌は六筒:麻雀王国と当たり牌の二筒:麻雀王国が浮いている手牌格好でしたが、前原選手の現物である八索:麻雀王国を切って対応しています。

この時点で二筒:麻雀王国を切っていてもおかしくないですが、前原選手の捨て牌では五萬赤:麻雀王国切りから二萬:麻雀王国をポンして、七筒:麻雀王国を切ったため、テンパイ濃厚で筒子周りがかなり危ないように感じられます。

滝沢選手の手牌3

そして、解説でいました白鳥選手も驚きの声をあげた一手がこちらです。前順に萩原選手が通したドラの五索:麻雀王国に合わせて、五索赤:麻雀王国をリリース。着順落ちする可能性が高いところでしたが、トップ取りを完全に諦めて、徹底した守備意識で回避されました。

個人的にもこの五索赤:麻雀王国は、まさにプロの一手だと感じます。滝沢選手の意図としてはオリただけでなく、『自分は着順アップの手牌進行はしないから萩原さん、差し込みをお願いします』といった意思表示もあるようで、攻めと守りのバランスが見事ですね。

この局は結果的には親の村上選手が倍満ツモと豪快な点棒移動になりましたが、こうした状況判断がアマチュアのプロの違いだと思いましたね!

麻雀で勝てない理由4|メンタル・精神的に弱い?

麻雀で勝てない理由について技術的なポイントをご紹介しましたが、運とは別で精神的な問題も麻雀の勝敗を左右します。

  • 多面張でリーチをしても単騎待ちの他家にアガられたから、今度は愚形リーチを優先しよう
  • リーチ後に切った牌で満貫と跳満のダブロンをくらったから、今度はリーチを避けよう
  • 何か今日は字牌で続いて放銃しているから、今度は字牌以外で回ろう

などなど、短期的な経験則から今までのルールを変えることはあまり好ましくありません。たとえ、放銃しまくって悲惨な負け方をしたとしても、麻雀の強さというのは長期的なもので見ないと結果がついてこないので、辛い時期でも我慢できるメンタルが必要ですね。

麻雀プロ・Mリーガーでも勝てない時は勝てない

麻雀プロでも同様に、長いスランプに陥る選手もいます。2019年11月19日時点で個人成績最下位(-243.4)の松本吉弘選手も、苦しい状況が続いていますね。

Mリーガー・松本吉弘選手

11月19日の試合でも何とかしようと精一杯打っていましたが、4着目で終わってしまいました。試合後の表情がつらそうです…

個人的には滝沢選手と同じくらい好きな方で応援しているのですが、松本選手の打ち方にはミスらしいミスがない点もまたつらく、結果がついてこないのはもどかしいですよね。

プロの方が打っても勝てないスランプの時期はありますので、少しくらい負けてもめげず、勝つための麻雀を続けていくことが大事です。これは麻雀に限らず、ブックメーカーなどのギャンブルでも同じことがいえますので、苦難があっても動じないメンタルが欲しいです。

参考記事:ブックメーカーは健全にできるギャンブル?|初心者でもはじめやすい!

勝てる麻雀を見出せばもっと楽しめる!

自分も麻雀の実力はまだまだですが、これまでの打ち方や考え方で間違っていたことを少しずつ直せたことで、昔よりは強くなっているかなと思います。

それに、『麻雀って運ゲーじゃん』という短絡的な結論でなく、『もっと麻雀を深く楽しめる!』という楽しさを見出せるようになったのは大きいですね。

ただ、麻雀をする際にはフリー雀荘での賭け麻雀はおすすめしません賭け麻雀で逮捕された事例・違法性についてこちらのページで解説していますが、麻雀をもっとクリーン・健全なイメージで普及できたらいいですね。

▼こちらの記事も読まれています!▼

勝てない麻雀
最新情報をチェックしよう!
>スポーツブックメーカーガイド

スポーツブックメーカーガイド

おすすめブックメーカーサイトの比較まとめ!