STICPAYのTOP画面

STICPAY(スティックペイ)の口座開設・入金方法の注意点まとめ【ブックメーカーで使えます】

STICPAY(スティックペイ)は、オンライン上での電子決済サービスであり、海外運営のブックメーカーサイトへの入出金サービスとしてご利用いただけます。

ブックメーカーではこれまでエコペイズがペイメント手段として主流でしたが、エコペイズアカウントへの入金がしづらくなってしまったため、STICPAYを利用できるブックメーカーサイトについては優先的にSTICPAYを活用するといいでしょう!

これからブックメーカーでアカウントを開設する方向けに、

  • STICPAY(ペイメント口座)の開設手順
  • STICPAYアカウントへの入金・出金方法
  • 便利なSTICPAYカードの申請方法

こちらの内容について解説していきたいと思います。ブックメーカーの新規登録とあわせて、STICPAYの口座も準備しておくといいですね。

そもそもSTICPAY(スティックペイ)とは?

STICPAYでは世界各国で利用できるペイメントサービスであり、STICPAYを経由することによって送金時間を短縮できるほか、手数料が安くおさえられるメリットがあります。

参考:STICPAY 日本語公式サイト

【STICPAYが使える場所・サイト】

  • ブックメーカー
  • 海外FX口座
  • 海外インターネットショップ

海外サイトと入出金のやり取りをする際、STICPAYが有効活用できますね。また、当サイトでは日本人プレイヤーにおすすめするブックメーカーサイトをご紹介していますが、ブックメーカーでの入出金でもSTICPAYが利用できます。

STICPAYをブックメーカーで利用するメリット・他のペイメントとの違い

これまで、ブックメーカーでの入出金方法(ペイメント)ではエコペイズが主流でしたが、2018年頃からATM出金できるエコカードが日本国内において利用停止になったり、エコペイズアカウントへの入金でクレジットカードがギャンブル目的で入金できない、などのデメリットが生じました。

対して、ブックメーカーでSTICPAYで利用する場合、以下のようなメリットがあります。

  • STICPAYアカウントへの入金でクレジットカードがギャンブル目的でも使える
  • 10Betやスポーツベットアイオーなど、特におすすめするブックメーカーで導入されている
  • STICPAYカードがあればブックメーカーでの勝利金をATMで引き出せる

エコペイズで制限・停止された機能がSTICPAYだったら使える、といったイメージですね。STICPAYカードについて以下でも詳しく解説していますが、安い手数料でATMからすぐに引き出せるのは嬉しいですね!

STICPAYが利用できるブックメーカーは?

STICPAYは優秀なペイメントですが、エコペイズと比較するとまだまだ導入しているブックメーカーは少ないです。

ただ、STICPAYを導入しているところでは10Betスポーツベットアイオーといった、日本人ユーザーでも安心して利用できるブックメーカーサイトであり、これからブックメーカーを始める方はSTICPAYアカウントを用意しておくといいでしょう!

【STICPAYが利用できるブックメーカー】

▼当サイト限定・10ドルの入金不要ボーナスあり!▼

STICPAY(スティックペイ)の口座開設方法まとめ

STICPAYのTOP画面

STICPAYで実際に口座開設をする方法・手順について以下でまとめました。まずはSTICPAYの公式アカウントから『会員登録』のボタンをクリックしましょう。

STICPAYの口座開設手順(通貨は香港ドル・HKDがおすすめ!)

STICPAYの新規登録画面 新規登録ではメールアドレスや名前などを入力します。名前・苗字はローマ字表記で記入しますね。

STICPAYのパスワード・通貨選択


STICPAYのパスワードは大文字も含める必要があるため、小文字だけの入力だとエラー表示されます。また、STICPAYでの利用通貨では香港ドル(HKD)を推奨します

というのも、STICPAYではATM出金できるSTICPAYカードが便利で、ブックメーカーからの引き出しでも有効活用できますが、STICPAYカード側の通貨単位が香港ドルで固定されていることが理由です。

仮にSTICPAY側の通貨を香港ドル以外で設定すると、口座の残高をSTCPAYカードへチャージする際に2%の為替手数料が発生してしまうため、STICPAYカード(ATM)からの出金を多用する場合は通貨を統一することをおすすめします。


STICPAYのSMS認証

アカウント登録ではSMS認証をします。登録した携帯番号へショートメッセージで認証コードが送られてくるので、確認しておきましょう。

STICPAYの登録完了画面

SMS認証が終われば申請完了です。ただ、このままだとSTICPAYの全ての機能を利用できないため、本人確認の申請もしておきましょう。

STICPAYの本人確認手順(公共料金の領収書など必要です)

STICPAYではアカウント登録者の身分証明をしないと、1回あたり最大50ドルまで(1日最大で100ドル)の出金制限があるほか、STICPAYカードの発行申請ができないため、ブックメーカーで利用するためには必須の手続きとなります。

STICPAYでの本人確認書類提出

身分証明書と居住証明書をスキャン(または写真撮影したデータ)でお送りしますが、それぞれ該当する書類は以下の通りです。一般的には、運転免許証と電気代・ガス代など公共料金の領収書で大丈夫ですね。

  • 身分証明書|免許証・写真入りの住基カード・パスポートなどから1つ
  • 居住証明書|公共料金の領収書・クレジットカードの明細書・住民票などから1つ

居住証明書については、発行から3ヶ月以内の書類に限られますので注意しておきましょう。公共料金の支払い名義が自分でない場合は、クレジットカードの明細書や銀行の残高証明書などで提出しましょう。

書類提出から承認まで1~2営業日はかかるとされていますが、私が申請した時は3~4時間くらいで承認されました。手続き状況については、STICPAYアカウントページのTOP(口座の概要)からご確認できます。

STICPAY(スティックペイ)口座へのクレジットカード入金方法

ブックメーカー未経験者の方は、STICPAYを初めて使う方はアカウント口座への入金方法が気になるところですよね。

ブックメーカー口座への入金でももちろん、STICPAY口座へお金を入れる必要がありますが、STICPAYカードを発行するためにも手数料として口座に用意しておく必要があるため、本人確認申請が終わったら入金をしておきましょう。

※STICPAYカードでは申請の際、発送費40USD+最初のチャージ金額500HKDが引かれるため、口座残高には約856HKD(110USD)が必要になります。日本円で、12,000円くらいですね。

参考:STICPAYカード

STICPAYでの銀行振込

※ブックメーカー向けの入金では、クレジットカードが最も利用しやすいです。国内銀行入金もありますが、STICPAYの場合は上記画像の通りギャンブルに対する資金送金が禁止されています

クレジットカードの入金前に書類送付

STICPAYでのクレジットカード入金

クレジットカードでの入金では、事前にクレジットカード情報や写真を送る必要があります。入金からクレジットカードを選び、カード写本(コピー)をアップロードするページに移動しましょう。

STICPAYで使うクレジットカードのコピー見本

クレジットカードの両面写真では、一部のカード番号を隠してアップロードします。コピーの見本を参考に画像を加工するか、紙切れとかで数字を隠して撮影しましょう。

クレジットカード情報の入力

クレジットカード情報(名義人・番号・有効期限)も入力して、送信します。

クレジットカード書類の審査中

承認されるまで、長くても数時間程度かかる感じです。手間はかかりますが一度申請しておけば、二回目以降の入金が楽になりますので手続きしておきましょう。

STICPAYのアカウントへクレジットカード入金!

STICPAYアカウントへのクレジットカード入金

承認されると、入金の『クレジットカード』項目の画面で承認されたメッセージが表示されます。こちらで入金額を入れて、『Money in』をクリックします。

クレジットカード番号の入力

クレジットカード番号など一通り入力して、『Deposit』をクリックして入金完了です。上画像の入金ではSTICPAYカードの申請で必要な額だけ入れたかったので、手数料込みで900HKD(約12,500円)にしました。

STICPAYの入金明細

入金完了後、メールで明細が届きます。手数料も確認できますが、STICPAYでクレジットカード入金をする場合の手数料は3.85%です

STCPAYの入金手数料

引用元:STICPAYの手数料

後は、ブックメーカーのアカウント側へ送金するだけですが、STICPAY経由でのブックメーカー入金よりクレジットカードから直接ブックメーカー側へ入金した方が手数料が安いケースもあります。

それでも、出金時でSTICPAYを利用するために、STICPAY経由で一度入金する必要も出てくることもあるため、一回目の入金をSTICPAY経由にして以降はクレジットカードで直接入金するプレイヤーも多くいますね。

★各ブックメーカーへの入金・送金方法に関しては、解説ページで別途ご紹介します。ブックメーカーサイトでは特におすすめな、10Betの解説ページが参考になります!

【あると便利!】STICPAYカードの申請方法

STICPAYの口座への入金方法について上記で解説しましたが、出金についてはSTICPAYカードが優秀なのでこちらもぜひ申請しておきましょう。

【STICPAYカードを申請するメリット】

  • ATM出金で楽に引き出しできる
  • 出金手数料を安くおさえられる(ATM出金の場合:1.3%
  • 海外旅行での出金手段としても活用

【STICPAYカードを申請するための注意点】

  • 口座残高が110USD以上あること(カードの配送料・初回チャージ料で必要)
  • パスポートを所持していること

STICPAYカードの申請画面

STICPAYのアカウントメニューより『STICカード』の項目があるので、そちらからSTICPAYカードの発行申請をします。

STICPAYカード申請の記載事項

再度個人情報を入力する画面が出てきますが、これまでの申請手続きと一つ違うこととしてパスポート番号の記入があります。STICPAYカードを申請するにはパスポートを所持している必要があるため、注意しておきましょう。

STICPAYカードで必要な書類

申請時に必要な書類は、本人確認で提出した身分証明書と居住証明書に加えて、パスポートのコピーもあります。パスポートのコピーも、スマホで撮影したデータでかまいません。

申請時の署名欄・確認事項

STICPAYカードの発行における同意事項にチェックを入れた上で、署名をします。署名はマウスなどで書いたものでOKですが、パスポートのサインと同じ形式(漢字・ローマ字など)にする必要があります。

STICPAYカードの申請完了

これで申請完了ですが、申請してから配送まで3週間程度かかります。STICPAY側やカード会社の審査が入るので、すぐには発行できないみたいですね。

申請状況

申請状況については、アカウントの口座情報から確認できます。申請情報や送った書類(画像データ)に不備がなければSTICPAYカードが送られてきますが、カードが届いたらアクティベート(有効化)などの対応をしましょう。

STICPAYが届いた後の手続きについて、後日に詳しくまとめる予定です。お待ちくださいませ〜

→2019年9月更新:STICPAYカードが実際に届きましたので、以下でご説明いたします!

STICPAYカード受領後の有効化対応

STICPAYが送られてきた封筒

STICPAYは実際、申請してから2週間後あたりで自宅へ届きまました。SFエクスプレスの封筒で発送されます。

届いたSTICPAY

封筒の中には、何か書かれた紙にセロテープでSTICPAYカードが貼られてある状態でありました。明細書とか他に何もなく、封筒に直撃で入っていたのがちょっと驚きですね。。。

それで、STICPAYカードでATM出金をするためにはカード有効化対応をする必要があるので、以下手順を進めましょう。

カード有効化のために専用ページへログイン

STICPAYカードの管理

STICPAYにログインした後、STICカードの項目から『カードの管理』をクリックします。

STCPAYカードの認証

STICPAYの管理ページで、ログインが求められますのでカード番号とパスワード(PIN)を入力します。

PINコードの確認

STICPAYカードの初期パスワード(PIN)は、カード裏面にあります。PINの部分を削ると6桁の数字が出てくるので、その初期パスワードを入力します。

STICPAYカードの有効化

ログインできた後は『Card Activation』をクリックします。

新しいパスワード設定

Card Activationでは初期パスワードと新しいパスワードを入力します。

パスワード設定変更完了

問題なく設定完了すれば、上記の画面が出ます。これでSTICPAYカードの有効化対応は終わりですね。

STICPAYカードには自動的に初期チャージ費用が入金されています

STICPAYカードの残高チェック

STCPAYカードには初期チャージ費用の500HKD(香港ドル)は自動的に入金されており、管理画面からでも確認できます。『Balance and Card〜』の項目をクリックすると、500HKDが残高にあることが表示されていますね。

STICPAYの残高

また、STICPAYのアカウント画面にも過去の取引で、STICPAYカードの初期チャージ費用とカード配送料(40ドル)が引き出されています。

これでATMからSTICPAYカードヘの出金ができるようになったので、より便利にブックメーカーを楽しめるようになりますよ!

STICPAY(スティックペイ)からの出金方法【国内銀行出金の場合】

ブックメーカーで得たお金は、各ブックメーカーサイトからSTICPAYの口座へ送金すればいいですが、STICPAYの口座から手元にお金を移す出金方法も確認しておきましょう。

おすすめは手数料の少ないATM出金(STCPAYカードを利用した出金)ですが、STICPAYカードが申請できない方(パスポートを所持していないなど)や、申請したけどまだSTICPAYカードが届いてない方のために、国内銀行口座への出金方法をご紹介します

STCPAYからの国内銀行出金

STICPAYの口座から国内銀行の口座へ出金する場合、まずはお持ちの銀行口座を登録しておきましょう。

国内銀行口座の追加

『Manage Local Bank Accounts』が銀行口座の管理画面で、こちらから銀行口座を追加します。

銀行口座情報の入力

指定の銀行はプルダウンメニューで選ぶことができて、メガバンクだけでなく地方銀行も一通り使えるようです。『Bank branch number』は支店コードですね。

国内銀行への出金明細

出金を確定する前に、最終確認で出金明細が表示されます。出金手数料も表示されていますが、国内銀行口座への出金では800円+1.5%の手数料がかかります

STICPAYでの出金手数料

引用元:STICPAYの手数料

手数料はちょっと高く感じるかもしれませんが、出金額を大きくすれば割安で済むので、国内銀行出金ではまとまったお金を引き出す時で活用するといいでしょう。

まとめ|STICPAYの手続き・入出金の流れまとめ

STICPAYでの入出金方法について一通り解説しましたが、手続きの流れについてもう一度確認すると以下の通りです。

  1. STICPAYの口座開設・本人確認書類の提出
  2. クレジットカードからSTICPAYの口座へ入金
  3. STICPAYカードの発行申請
  4. STICPAYからブックメーカーの口座へ入金
  5. ブックメーカーからSTICPAY口座へ勝利金を出金
  6. STICPAY口座からSTICPAYカードを使ってATM出金(または国内銀行口座へ出金)

海外のペイメントについて慣れてない方は戸惑うかもしれませんが、基本的にはこちらのページでご紹介した通りに手続きをすれば、ブックメーカーの入出金が可能になります。

特に、STICPAYを利用できる10Betやスポーツベットアイオーは登録する価値がありますので、こちらのプレイヤー登録(アカウント登録)もぜひやってみましょう

▼当サイト限定・入金不要ボーナス10ドルもらえる!▼

関連記事

10Bet Japanはイギリスのブックメーカーで、Jリーグなど日本のチームや選手に関するスポーツベットの取り扱いが多く、日本人プレイヤーが楽しめる要素がたくさんあります。10Bet Japanはオンラインカジノでも有名ですが、当サ[…]

10Bet Japanのロゴ
STICPAYのTOP画面
最新情報をチェックしよう!
>スポーツブックメーカーガイド

スポーツブックメーカーガイド

おすすめブックメーカーサイトの比較まとめ!